ウェッジ

アプローチとバンカーが大好きになる話03

今、市場にあるウェッジははっきり言ってバンカーショットに向いていません。

02で書いたジーンサラゼンが開発したウェッジと比較するとヒール側のバウンスが大きく削り取られているからです。

これはプロゴルファーたちがアプローチの多様性を求めるためにこのような形状に変化してきたのです。

プロゴルファーや上級者はヒール側バウンスが落とされたウェッジでもフェースを大きく開くことでしっかりとバウンスを使う事ができます。

フェーススクエアとオープン
アリになったつもりで地面の高さから見るとこんな感じです。

スクエアの状態では少ししか見えないソール面のバウンスが、オープンにすると大きくせり出してきます。

ここで砂を打つと砂が大きく弾けボールを浮かせるのです。

ところが私たち一般ゴルファーにはプロのような技術はありませんし、正確に砂を取る量の調節も不可能です。

ザ・ウェッジ バウンスマジックはこのオープンの状態をスクエアのままで作れるように設計されています。

徳に、バウンスが邪魔でフェースを開きにくかった昔のウェッジとは違い、開いてもバウンスが突っかからず滑るように働きます。

ここが、ザ・ウェッジ バウンスマジックの性能の高さを物語っているポイントです。


ザ・ウェッジ バウンスマジックの機能解説ムービー



ジャンプアイコン

・ご購入はこちら―カートに進む

コメントする

名前

URL

コメント

会員登録で100ポイントプレゼント

ポイント還元

店長日記

店長ノリの画像 ゴルフフェアにて

店長の渡辺典彦”ノリ”です。

私もゴルフの楽しさ、奥深さなど魅力にはまってしまった一人です。
一人でも多くの方にいつまでもゴルフを楽しんでもらいたいという願いでショップをやっています。

そして今回アメリカ在住のプロコーチ、Tom Kanazawa 設計のザ・ウェッジ バウンスマジックを発売!
その大人気ぶりもありがたいのですが、何よりも購入者に喜んで頂いている事が嬉しくてたまりません。
皆様にも、もっともっとゴルフを楽しんでもらいたいと思います。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

オープンフェースもオープンスタンスもいらない!新たな名器の誕生
飛距離アップは足腰から!土台の安定がビッグドライブを生みます!
濡れるとグリップ力が増すゴルフグローブ!雨でもベスト更新!
BEAMSの売れっ子デザイナー!Shuhei Tabuci Golf ポロシャツ

ページトップへ